お知らせtreatmentお知らせ

News

インフルエンザ

当院にかかりつけの妊婦さん、不妊治療中の患者さんにおかれましては、インフルエンザの症状(突然の38.0℃以上の高熱や全身倦怠感、食欲不振、せきやのどの痛み、鼻水)が出た場合、妊婦へ感染すると重症化しやすいため、以下の対応とご協力をお願いします(日本産科婦人科学会、厚生労働省の指針に基づきます)。
http://www.jsog.or.jp/news/pdf/20090825_flow.pdf
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/pdf/ninpu_1217_2.pdf#search=%27A%EF%BC%8FH1N1

1.他の妊婦への感染防止のため、当院への直接の受診は避けていただくようお願いします。
なお破水、陣痛、出血または腹痛やいつもと違うお腹の張り(切迫流産、切迫早産、常位胎盤早期剥離等のおそれがあります)、胎動減少などの場合は、インフルエンザが疑われても、当院で対応致しますので連絡ください。
2.近隣の一般病院・診療所にあらかじめ電話をして、受診してください。
3.診療いただく一般病院・診療所が見つからなかった場合や、処方された薬に不安がある場合は、お電話で当院に相談してください。

                          院長 河元洋